不動産活用コンサルタント楯岡悟朗

なぜ風船を買ってあげたのか?

先日、こごろう1号の開校記念日で小学校が休みでした。「これ幸い!」ということで、千葉は幕張にあるディ○ニーランドへド平日に行ってきました。こんなときじゃないと、子ども3人連れて夢の国へなんて行けません。なにせ休日、混雑がすごいらしいじゃないですか。

どっかの記事で読んだのですが週末ともなると、アトラクションはもちろん、レストランも大混雑。何をするのも人人人の波で・・・夢の世界の店員さんもテンパっちゃって、お客さんをさばくので精一杯で、ホスピタリティを発揮するどころじゃない。なにをしようにもどこに行こうにも待たされるお客さんもイライラしていて、怒号も飛び交っているそうで・・・。そんな激混みの時に行ったことはないので、真意のほどは定かでないですが、夢の国まで行ってイライラしたくなんかないですよね。

我々が行ったのはド平日ということもあり、かなり空いていましたが、やはり人気アトラクションは1時間待ちのところが多かったです。ただ、空いているものは5分、10分で乗れるのも数多くあり十分楽しめました。

で、次の日は学校や幼稚園、仕事があるので、夜のパレードもそこそこに「さて帰ろう」となったのですが、ここで2号が

「風船がほしい」

と言い出しました。

 

風船を欲しがった2号

風船を欲しがった2号

 

風船・・・ヘリウムが詰め込まれたキャラクターの形をした「ただの袋」ですよ。いつまでも残るものではなく、一週間もすればしぼんでしまうシロモノです。それが夢の国価格で一つ1,000円!なんともアコギな商売です。少し前なら

「そんなすぐなくなっちゃうものにもったいないよ。それで遊べるものでもないんだし」

と、「それを使って何をするのか。」と、大人ならではの合理的な考えで一蹴していたと思います。ですが色々思う所あり今回は、

買ってあげました。

確かにそれを使って家で遊ぶことはできません。フワフワと室内を漂い続けるだけで、場所によっては邪魔な存在にしかならないかもしれません。だけど、

「思い出を補強するアイテム」

にはなりえると思ったのです。楽しかった思い出は、翌日になるとどんどん薄れていきます。しかしその風船が

「ただそこにあり続けるだけ」

で、それを目にする度、楽しかった思いや感動、衝撃、ワクワク感が蘇り、その思いがより一層強化されると思ったのです。これは形として残るものではあまり効果がないでしょう。

「いずれなくなってしまうもの」

だからこそ、人の心にも強く印象が刻み込まれるのです。昔付き合った彼氏・彼女のことが美化(*そうじゃない人も当然いるとして)されるのは、今そこにいないからです。同じようにいずれは目の前からなくなってしまうものだからこそ、思い出が強くインプットされるのです。

 

だいぶしぼんできました

だいぶしぼんできました

 

1号に買ってあげないわけにはいかないので、しめて2,000円の出費。だけど、家族との楽しい思い出が子供らに少しでも残ると思えば、無駄でもないですね。楽しかった思い出が薄れていくのに併せてしぼんでいく風船、思い出とゆるくリンクされるそんな存在だからこそ、良いのかもしれません。

・・・というような視点で考えてみると、女性に渡す花束は最初に渡すのではなく、楽しいひとときを過ごした帰り際に渡すのがベストなんでしょうね。それも大げさなものでなくても、一輪だけとかでも良いのかもしれません。

女性がその時を一緒に楽しんでくれていたら、渡した男性の存在は、花が咲き続けている限り良い思い出として記憶に残るのですから。

・・・もし楽しんでくれていなかったら?

  • 家に帰るなり捨てられる
  • とりあえず花瓶にはいけるが、咲き続けている限り、「あ~~、つまらない人だったわ」との思い出が補強される

渡した男性としてはどっちがいいでしょうね?個人的には、どんなにその場がつまらなかったとしても、もらった花をすぐに捨ててしまうような感性の女性とはお付き合いしたくありませんね。ボクのことはどうでもいいですね(笑)失礼しました。

結局、痛い目見ないと学ばない

「減らず口ってのはこういうのを言うんだろうな」

と感心してしまうくらい、我が家のこごろう1号は減らず口を叩きます。2号も感化されているので負けじと叩きます。3号は叩きませんが、「構って泣き」がヒドイです。こんな手のかかるこごろう’sを日々相手にしている嫁さんは本当にエライと思います。

 

こんなに小さかったこごろう’sも、減らず口が叩けるようになりました

こんなに小さかったこごろう’sも、減らず口が叩けるようになりました

1号は小学校時代の嫁さんに似て、勉強はよく出来る部類だと思います。全教科0点を取ったことがあるボクの遺伝子を受け継がなくて本当に良かったですが、残念ながら屁理屈をこねるのがボクに似てしまいました。重ね重ね、嫁さんに申し訳なく思います。

そんな1号くん、勉強がキライなわけではないと思いますが、やらなければいけない学校の宿題を、いくら言ってもなかなかやりません。日頃言い疲れている嫁さんに変わって、仕事が休みの昨日のような日は、ボクが宿題等の進捗や管理を行うのです。

大声で「やれ!」と言ってもいいのですが(*たまに言いたくなります)、大人の強権発動のような気がしてあまり好きではありません。なので、

ボク:「別に何時から始めたっていいけど、20時半には寝ないといけないんだろ?始めるのが遅ければ遅いほど、眠たくなって辛くなるんだぞ」

と、こんこんと言って聞かせる訳です。で、案の定、重い腰を上げてようやく始めるものの、生意気盛りの小学2年生とはいえ、相棒の2号が既にベッドルームに行ってしまったこともあり、21時近くになるとだんだんと眠くなってくるわけです。いつしか

1号:「眠いな~」

と、ボクに聞こえるようなひとりごとをつぶやきはじめます。

ヨメ:「今日はこれまでにして明日にしなさい」

と日頃は嫁さんの仏心が彼を救いあげますが、ボクは許しません。

ボク:「終わらないのはなかなか始めなかった自分の責任なんだから、遅くなって何時になってもいいから最後までやりなさい」

交渉の余地がないと観念した1号は、半泣きでグッズグズになりぶつくさいいながらですが、最後までやり切ってから糸が切れたかのように眠りにつきました。

結局人間は、自分で痛い目みないと本当の意味では学びません。ボクも仕事で痛い目を見た出来事は数限りなくあり、一つ一つハッキリと思い出せます。その時のことを思い出すと軽く動悸も上がったりもします。けれど、そうして学んだことは今の自分を間違いなく強くしています。

今回の場合、ボクが強権発動で怒鳴ってしまえば、しぶしぶながら宿題をやり始めるんだと思います。だけど、それをやったとしてもまた同じことを繰り返すに違いありません。

「やらなかったらどうなるのか?」

因果関係を、自分の身を持って学ばせ、痛い目をあえて見せ、自ら気づかせることが大事なんだと思います。

 

 

・・・と偉そうに語っておきながら・・・。実はこうした1号とのやりとりは今回に限った話ではありません。既に何度かやってきております。つまり1号は再三痛い目を見ておきながら、

全く懲りていない

ということです。これは間違いなくボクの遺伝子です。責任の一端はボクにもありそうなので、自分のことは棚に上げずに、もう少し優しくなろうと思いました。そんな休日の夜。

生きていればなんでも「ネタ」になる

「自分の馬鹿さ加減に呆れる」

って生きてれば度々出てくると思うんです。かくいうボクもよくありまして、最近では

 

3月

3月

2015-04-22 09.33.13

4月

 

アホです。

5月も同じ事やったら生きていく自信がなくなりそうです。ただ、

「これはネタになるな」

と、思ったことだけが、唯一の心の癒やしとなりました。

いるかいないか分からないボクの熱心なファンならご存知かもしれませんが、実はワタクシ、本を一冊出しております。

カバー.indd

これですね

Amazonで絶賛!かどうかは分かりませんが発売中です。

これまた熱心なファンならばすでに購入して読んでいただけていると思いますが、内容をものすご~~~~くかいつまんで話すと、

「逆境でも諦めずに働き、結果を出す方法」

実はこのテーマの本を書いたのにはすったもんだありまして。。。

不動産の仕事をしているというのもあり、当初はやはり不動産に関する本を書こうと思ったのです。しかし、出版社も慈善事業で本を出してくれる訳ではありません。本を出すというのは、出版社がその著者に300万ほどの投資をするということです。最低限、投資に見合っただけの利益を出さなければ意味がありません。

つまり、ボクが書きたいと思う本が売れるテーマでなければ、本を出すこともできないのです。

「不動産の本なんか売れませんよ」

と、このように一度は一刀両断されたのです。出版社にとってボクの希望や思惑なんてどうでもいいのです。

しかし、そうは言われても、他に本にできそうなコンテンツなんて、今まで平々凡々と生きてきたボクにはありません(*と思っていた)。そんなことを思いながら、不動産の仕事を行うようになった経緯から、どのように今の立場に至ったかなどを編集の方と話していたのです。

ボク 「いや~、修行時代の会社は本当に大変だったんですよw」

ボク 「灰皿が飛んでくるなんてドラマの中の話だけだと思ったら、本当に飛んでくるんですよ。『あ、ホントにあることなんだ』と思って、思わず感動しましたよwww」

ボク 「車の居眠り運転ってありますけど、疲れると原付き運転しながらでも眠れるって知ってました?危うく死にそうになりましたけどねwwwwww」

出版社 「それ、いいね!」

ボク 「は!?」

ということになり、後はトントン拍子。基本、自分が実際に経験したことや、その時々のエピソードを思い出して文章に仕上げるのは、大変でしたけどなかなか面白いものでした。その時に思ったのです。

「どんな人にもネタはあるもんなんだな」

と。次回、また何かの機会で本を書くことがあるかもしれませんが、今回の出来事もその時になって生きてくるかもしれません(*多分ない)。

そんな思いを一服の精神安定剤にしながら、2ヶ月連続で警察に捕まるという失態をしでかしたバカさ加減を慰めるのです。(いつになるか分からない)ボクの著書第二弾、

「交通違反をして学んだ、人生で大切な100のこと」(仮)

を是非、楽しみにしてください。

*5月9日現在、捕まっておりません。

桜のような専門家

先日、地元の家族数組で、花見をしました。時期を逸してしまっていたので、すっかり散ってしまっていましたが・・・。

2015-04-11 13.23.10 2015-04-11 13.03.12 2015-04-11 13.03.23

食事はデリバリーだったのですが、一歩間違えると、ただ一緒くたに盛っただけ・・・となってしまいがちですが、さすがの感性ですね。

「MOMOE」

というお店で、ボクは知りませんでしたが、モデル御用達のところのようで、見た目も味も上品でした。普通に生きていたら、ボクのようなガサツな人間がお目にかかることはなかったでしょう。

 

日本人は桜の季節になるとこぞって集まり、もう散ってしまっているのにも関わらず、桜の下には人が賑わいます。なぜここまで人を惹きつけるのか?以下はボクなりの見解です。

「主張しすぎない淡い色合いで、1年のうち、控えめにほんの僅かな期間しか咲かない」

という奥ゆかしさと希少価値が、日本人が生まれながらにして備えているDNAに合致しているからだと思います。日本人の気質をうまく突いた桜の作戦がちですね。桜の奴もああ見えてなかなかのやり手です。きっと1年を通して常に咲いているような花だったら、今ほど「レア感」を感じることはなかったはずです。

希少価値があるからこそ、桜の時期になると花見客が殺到します。行列、混雑が大の苦手なボクですが、そんなボクでも、この時期は桜を愛でに行きたい衝動に駆られます。

専門家の端くれとして、俺が俺が!と主張していくのも確かに大事ですが、

「わざわざ頼みたくなる」

そんな桜のような専門家になっていきたいですね。

もちろん、咲き終わった後の桜の花びらや毛虫被害などのように、依頼人以外の人に迷惑をかけるようなところまで、「桜のような存在」になる必要はありませんけどね。

ブログのデザインリニューアルに伴って

いるかいないか分からない熱心なボクのファンならもうお気づきかもしれませんが、この度、ブログのデザインをリニューアルしました。

それにともなって、毒にも薬にもならない記事の大半を整理整頓しました。ただ、まがりなりにも数年間続けていたブログです。

「自分が生きてきたログのようなものだから残しておいてもいいかな」

とも思ったのですが、自分の恥部をワールドワイドに全公開しているような気がしたもので、思い切ってバッサリ!といかせて頂きました。そんな「恥部」がどんな内容だったかは以下を御覧ください。ブログを始めたばかりのとある日の記事です。

タイトル:マク○ナルド

昼はいつも外に買いに出かけます。自由が丘に行くこともあれば、尾山台や等々力まで足を延ばすこともあります。大井町線はひと駅の間隔が短いので、車を使えばすぐです。

今日は環八沿いのマクドナルドに行きましたが、週末はドライブスルー渋滞が出来ます。幸い今日はあまり待ちませんでしたが、いつのまにかお店がリフォームされていてびっくり。

昼食後は外に出ることもなく、事務所で事務作業。エリア内(自由が丘~二子玉川)の物件を毎日眺めて、新規の物件があれば自社データベースに登録します。結構大変ですが、不動産の情報を扱う立場とすると、やっておかないと恥ずかしくて不動産屋とは言えませんね。

インターネットの普及により、お客さんと不動産業者の情報量に違いはなくなりましたからね。(原文ママ)

とまあ、こんな調子でして・・・。こんな記事を書いて何を期待してたんでしょう、当時のボク。

というわけでして心機一転、

「リニューアルを機に、今まで以上に更新を行いますので、みなさんよろしくお願いいたします!」

と、書いても良さそうですが、絶対書きません。

ボクが思うに、ブログを更新し続ける上で一番大切なことというのは、更新のハードルをあまり上げ過ぎないことだと思っています。特に意志の弱さには定評のあるボクのような人間にとって、

「毎日更新!」

という縛りはご法度です。

ボクの知り合いに毎日更新をうたい、実際に更新を続けている方たちが何人かいますが、本当に尊敬します。その鋼鉄のような意志の強さを少し分けてもらいたいものです。

ブログを続けていくためのハードルは、更新頻度だけではなく他にもあると思います。それは「記事のクオリティ」です。

「人の役に立つ記事を書こう」

「面白いことを書こう」

と思ったら、長続きしません。人が喜んでくれる記事なんてそう簡単に書けませんし、そうした記事はそれなりの労力もかかります。それに、

「これは良い記事だ!絶対みんなに読んでもらえる!」

と思って書いた渾身の記事が、結果そうならなかった時(*実際、そうなるときのほうが多い)、心が折れてしまいます。逆に、たいして労力を書けなかった記事が、ものすごいアクセスを集めたなんてこともあります。かけた労力の対価や見返りを期待せず、頑張り過ぎないことが重要だと考えています。

ただ、リニューアルされたことをきっかけに多少モチベーションがあがっているのは確かです。更新頻度が以前より高くなる可能性は大いにありますが、しばらくすると飽きて、まったくしない期間が続いたりもするでしょう。

右肩上がりの今の日本経済の株価とは違い、更新頻度が乱高下することを予め宣言しているボクのブログですが、そんなもので良ければこれからもお付き合い頂けると幸いです。

 

新宿御苑でみた桜が今年、唯一のまともな桜でした。

新宿御苑でみた桜が今年、唯一のまともな桜でした。

インフォメーション

  • 楯岡 悟朗 著書紹介
  • 関連リンク