不動産活用コンサルタント楯岡悟朗

『みんな違ってみんないい』自分を知ることの重要性

営業マン時代、同じ事務所で働く表彰式の常連、

スーパー営業マンとして有名なSさんは、

ある日お客さんからの問い合わせの電話を取り、

数分話した後アポイントを取り、

電話を切るなりこう言った。

 

Sさん:「よっしゃ!これは契約だ!」

 

もちろんその段階で詳しい相談の内容を把握していたわけではない。

思うように数字が伸びていない事務所に景気を付けるための発言だったのかもしれない。

しかし、Sさんはその後、本当に月内に契約してしまった。

 

日々、上司からのプレッシャーと暴言にさらされ、

ボロボロになりながらハロウィンでもないのに、

ゾンビのように案件を求めて担当エリアをフラフラと徘徊を続けるボクには、

その先輩がまぶしく映った。

 

こんなかわいいゾンビではなくて・・・

こんなかわいいゾンビではなくて・・・

イメージ的にはこんな感じ

 

だって電話でちょっと話しただけで、

 

「これは契約になる案件だ!」

 

って分かってしまうんだから、そんないいことったらない。

そんなSさんを羨望のまなざしで眺めながら、

 

ボク:「なんで電話で話しただけで契約できるかどうかまで分かるんですか!?」

 

と、不公平感まるだしで聞いたことがある。

 

Sさん:「電話の声の大きさ、滑舌、トーン、抑揚の付け方である程度お客さんのイメージはつけられる。もちろん100%じゃないけど、今までの経験で、8~9割は大体イメージ通りだな。」

 

と煙草をふかしながらSさんはそう言った。

 

ボク:「でもイメージが分かっただけじゃ、仕事になるかならないかまでは分からないんじゃないですか。」

Sさん:「イメージが浮かぶだけで、俺と合うお客さんかどうかが分かるんだよ。今回のお客さんには俺のようなタイプが一番だと思ったんだ。ああ、お前じゃだめだな」

ボク:「え?ど、どういうことですか!?」

 

少しむっとするボク。

トップ営業マンにもかかわらず、

ただのペーペー社員の一見無礼な態度も全く気にしない、

懐のでかさを持つSさんは、

無礼なボクをバッサリと一刀両断。

 

Sさん:「まずお前は俺のような強引さがない。」

ボク:「・・・・」

Sさん:「あと経験が少ないからかな、雰囲気がなんだか頼りないんだよ。自信がないっつうかさ」

ボク:「・・・・」

Sさん:「今回のお客さんは、多少強引でも、グイグイ先導していくようなリーダーシップ溢れる営業マンが良かったんだよ。つまり俺のような人間ってこと。」

ボク:「雰囲気って・・・じゃあいつまでたってもSさんみたいにはなれないってことじゃないですか!?なんか・・・ここぞとばかりにボクのディスってません(涙)?」

Sさん:「違う違う。俺のようになろうとしたって無駄だってこと。俺とお前じゃタイプが最初からまるっきり違うんだ。俺のマネをするより、自分がどんなタイプの人間なのかをよ~~~く考えておくんだな。そうすればお前のタイプに合うお客さんがどういう人なのかが分かってくるって。」

ボク:「・・・自分のタイプ・・・ですか。考えたことなかったですね。敵を知るにはまずは自分からってことですか?」

Sさん:「そんなところかな?お前は俺にはなれない。だけど俺もお前にはなれないんだよ。」

ボク:「なるほど!『みんな違ってみんないい』(by 金子みすず)ですね!」

S:「・・・それは良く知らんけど・・・」

 

この時の会話をきっかけにして、

ボクは今まで自分なりにうまくこなすことができたと思う案件のお客さんのことを思い出してみた。

するとそこにはある共通点があったのだ!

初めて自分自身の「型・タイプ」を、

お客さんの目を通して見つめることにしたのだ。

 

それからというもの、

自分のタイプを心に留めながら、

常にお客さんのことも観察しながら営業を行うことで、

Sさんまでとはいかずとも、

 

「このお客さんはいけるんじゃないか!?」

 

と、なんとなく浅いレベルでは認識することが出来るようになったのだ。

 

営業、というかお客さんを相手にするビジネスに一番必要なこと、

それは徹底的な自己分析を行うこと、これに尽きる。

営業のノウハウ本を読むよりは、

よっぽど効果的だと今ではそう考えているがどうだろう。

 

 

 

Yahoo!にも書評が載りましたよ!

“ブラック企業”での勤務で得られるものとは何か?

 

ここで辞めたらただの負け犬!~ブラック企業で修業した男の日常~

*Yahoo!ニュースにも載りました

好評発売中です。

カバー.indd

フェルマーから学んだ圧倒的な実績作りの重要性

数学を勉強しなくても良い

 

たったこれだけの理由で理系ではなく文系を選び、

人生の幅と可能性を自ら狭めた感のあるボクですが、

最近、こんな本を立て続けに読み、

ものすごく感動したのでこの場を借りてご報告。

 

1.「世にも美しい数学入門」

2014-10-25 11.21.25

 

2.「哲学的な何か、あと数学とか」

2014-10-25 11.20.58

 

3.「フェルマーの最終定理」

2014-10-25 11.21.11

 

1.では、数学者、藤原正彦先生と、

作家小川洋子さんが、「神様が作ったとしか思えない」(藤原さん談)、

という、数学の隠れた規則や定理について語り、

数学が本当は素晴らしく美しいものだということを学ぶ。

 

そして、2.では、350年にも渡って未解決だった、

「フェルマーの最終定理」を解決しようとする数学者の軌跡を、

分かりやすく面白く感動的に読むことが出来た。

 

最後の3.では、2.をより詳細に描いたもの。

フェルマーの最終定理についても、

思考停止し数学を完全放棄してきたボクにでも、

古今の数学者の人生を楽しく理解することが出来る。

 

読んだ順番が良かったのかもしれないが、

数学というものについての考え方がガラッと変えることができた素晴らしい3冊。

数学アレルギーを持ち続けていたボクだが、

趣味でちょっと勉強しなおしてみようかな~と思えるほど。

カフェで難しい顔をして数学の公式を弄んでたら、

きっとボクを見る周囲の目も変わるはず。

 

で、数多くの数学者を悩ませ続けてきた、

「フェルマーの最終定理」がなにかというと、

350年前の、(アマチュアの)数学者だった、

フェルマーという人が証明した一つの定理だ。

フェルマーの死後見つかったノートには、こう書かれていた。

 

「ボクはこういう公式を証明したんだよね。

だけど、ノートにその証明を書くスペースがないから、

それは省略するね♡」

 

たったこれだけ。

たったこれだけなのに、世の数学者たちは大騒ぎ!

普通に考えたら、

 

「そんな公式、成り立つ訳ないべ!?」

「証明もしないのに証明したって・・・バカじゃね?」

「ウソだよ、ウソウソ!」

 

っとなっても良いようなものなのに、

みんなフェルマーの証明した定理があるものだと信じ切った。

なぜか?

それはフェルマーはアマチュアの数学者だったけど、

プロをもぶっちぎるほどの圧倒的な実績があったから!

 

趣味で数学をやっていたフェルマーは、

たまにプロの数学者に、

 

「こんな定理・公式見つけたんだけどさ、

キミ、証明デキル?」

 

と、こんな挑発する手紙を送っていたんだそう。

 

「アマチュアが何をぬかす!楽勝だわ!」

 

と挑む世のプロの数学者だが・・・一向に解けない。

その後、フェルマーから、

 

「解けなかったみたいだね。これがその証明だよ~」

 

と回答が送られてくる。

それがことごとく合っているのだそうだ。

 

そんなことを繰り返していたため、

アマチュアにもかかわらずフェルマーの数学界での悪評はすさまじく、

それに比例するようにその圧倒的な実力も認められていたのだ。

そんなフェルマーが証明した定理なのだから、

 

「証明が書かれていないこの定理も、

きっと本当に存在するに違いない!」

 

たったそれだけの理由で、

350年間、何人もの数学者がその未解決の難問に挑み、

砕け散ってきたのだ。

きっととんでもない実績があったからなのだろうが、

350年・・・全くすごい。

 

やはり圧倒的な実績があるからこそ、

その人の一挙手一投足に重みが生じるのだろう。

 

「やりたい仕事をやらせてもらえない」

「俺のやりたいことはこんなものじゃない!」

「今は本気出してないだけ(何かの本のタイトル?)」

 

と、働き方や仕事に対する取り組み方で悩む人は多くいるだろうが、

まずは自分に与えられた仕事、職場、領域で、

圧倒的な実力、実績を積むことが、

自分のやりたい仕事にたどりつける最短距離なのではないか?

 

実際、ボクにも圧倒的な実績がなかったがために、

思うような仕事をすることが出来なかった時期がある。

自分のやりたい仕事、働き方、お客さんに対する接し方。

色々理想はあったが、そこで気づかされたのが、

 

「圧倒的な実績、実力がなければその資格もないし舞台も用意されない」

 

ということ。

フェルマー

フェルマー02

 

 

今も理想と現実のギャップで悩むこともあるけれど・・・。

ただ、自分の理想を実現するために、

圧倒的な実力と実績を積むために日々努力努力努力・・・。

 

350年前、ボクが一番毛嫌いしていた数学の世界で生きた、

フェルマーさんからそんな気付きを得ることが出来た、

秋の夜長の読書は良いものだ。

 

Yahoo!にも書評が載りましたよ!

“ブラック企業”での勤務で得られるものとは何か?

 

ここで辞めたらただの負け犬!~ブラック企業で修業した男の日常~

*Yahoo!ニュースにも載りました

好評発売中です。

カバー.indd

 

会社との付き合い方をドライに考える新しいスキル

ブラック企業大賞

 

で大賞には惜しくも届かなかったものの(笑)、

エステ業界の「業界賞」を受賞した、

たかの友梨ビューティクリニックを経営している株式会社 不二ビューティ。

 

長時間労働や残業代や休みが適切に取れていなかったことを、

労基に報告した従業員を一室で社長が厳しく詰問。

その従業員は恐怖を感じ、

ストレスで会社に行けなくなってしまった・・・

ということに端を発したことによる今回のノミネート→受賞の流れとなったようだ。

 

それを「良し」としようとは思わないが、

労働時間が長いとか休みがない、

また残業代が出ないというのは、

別に珍しい話ではなくどこにでも当たり前にある話なんじゃないかな。

 

個人的な見解で大変恐縮だが、

労基に告発したくなるほど我慢できないというのであれば、

そんな会社はこちらが見限って、

さっさと辞めてしまえば良かったのではないかと思ってしまう。

 

だが、この従業員はそうせず労基に告発するという選択肢を選んだ。

待遇には不満はあれど、仕事に関しては自分のやりたい仕事ができる、

スキルアップできる環境だと認めていたのだろうか。

もしくは会社をより良い環境にするため立ち上がったのだろうか?

それともただの怒りから故の行動なのか?

そのあたりは分からない。

 

私も同じような労働状況で働き、労基に踏み込まれ、

その営業所が2週間ほど営業停止に追い込まれたことがある。

しかし、どんな劣悪な環境でも、

私自身が声を上げて労基に告発しようとは思ったことはない。

なぜなら、私のような一従業員が告発したところで、

それをきっかけに労働状況が劇的に改善されるとは思えなかった。

それに間違いなく自分の首を絞めることになると思っていたからである。

 

現にこの従業員は、密室で社長から詰問されたことがきっかけで、

大きな恐怖を覚え、精神的なストレスで会社に行けなくなってしまったという。

告発したことで、株式会社 不二ビューティはある程度の社会的な制裁を受けることになった訳だが、

告発した本人が精神的に病んでしまっては本末転倒ではないかと私は思ってしまう。

 

一昔前のように、生涯にわたって雇用を保証されるわけではない。

一つの会社で頑張り続けるということも重要だが、

自分に合う会社、合わない会社は必ず存在する。

合わない環境に強引にアジャストしようとしても様々な形で無理が出てくる。

そのあたりの会社との付き合い方、働き方をドライに考えるスキルが、

これからのビジネス世界を渡るためには必要となってくるのではないかと思ってしまった。

 

ここで辞めたらただの負け犬!~ブラック企業で修業した男の日常~

*Yahoo!ニュースにも載りました

好評発売中です。

カバー.indd

 

インフォメーション

  • 楯岡 悟朗 著書紹介
  • 関連リンク