不動産活用コンサルタント楯岡悟朗
2014年10月25日

フェルマーから学んだ圧倒的な実績作りの重要性

数学を勉強しなくても良い

 

たったこれだけの理由で理系ではなく文系を選び、

人生の幅と可能性を自ら狭めた感のあるボクですが、

最近、こんな本を立て続けに読み、

ものすごく感動したのでこの場を借りてご報告。

 

1.「世にも美しい数学入門」

2014-10-25 11.21.25

 

2.「哲学的な何か、あと数学とか」

2014-10-25 11.20.58

 

3.「フェルマーの最終定理」

2014-10-25 11.21.11

 

1.では、数学者、藤原正彦先生と、

作家小川洋子さんが、「神様が作ったとしか思えない」(藤原さん談)、

という、数学の隠れた規則や定理について語り、

数学が本当は素晴らしく美しいものだということを学ぶ。

 

そして、2.では、350年にも渡って未解決だった、

「フェルマーの最終定理」を解決しようとする数学者の軌跡を、

分かりやすく面白く感動的に読むことが出来た。

 

最後の3.では、2.をより詳細に描いたもの。

フェルマーの最終定理についても、

思考停止し数学を完全放棄してきたボクにでも、

古今の数学者の人生を楽しく理解することが出来る。

 

読んだ順番が良かったのかもしれないが、

数学というものについての考え方がガラッと変えることができた素晴らしい3冊。

数学アレルギーを持ち続けていたボクだが、

趣味でちょっと勉強しなおしてみようかな~と思えるほど。

カフェで難しい顔をして数学の公式を弄んでたら、

きっとボクを見る周囲の目も変わるはず。

 

で、数多くの数学者を悩ませ続けてきた、

「フェルマーの最終定理」がなにかというと、

350年前の、(アマチュアの)数学者だった、

フェルマーという人が証明した一つの定理だ。

フェルマーの死後見つかったノートには、こう書かれていた。

 

「ボクはこういう公式を証明したんだよね。

だけど、ノートにその証明を書くスペースがないから、

それは省略するね♡」

 

たったこれだけ。

たったこれだけなのに、世の数学者たちは大騒ぎ!

普通に考えたら、

 

「そんな公式、成り立つ訳ないべ!?」

「証明もしないのに証明したって・・・バカじゃね?」

「ウソだよ、ウソウソ!」

 

っとなっても良いようなものなのに、

みんなフェルマーの証明した定理があるものだと信じ切った。

なぜか?

それはフェルマーはアマチュアの数学者だったけど、

プロをもぶっちぎるほどの圧倒的な実績があったから!

 

趣味で数学をやっていたフェルマーは、

たまにプロの数学者に、

 

「こんな定理・公式見つけたんだけどさ、

キミ、証明デキル?」

 

と、こんな挑発する手紙を送っていたんだそう。

 

「アマチュアが何をぬかす!楽勝だわ!」

 

と挑む世のプロの数学者だが・・・一向に解けない。

その後、フェルマーから、

 

「解けなかったみたいだね。これがその証明だよ~」

 

と回答が送られてくる。

それがことごとく合っているのだそうだ。

 

そんなことを繰り返していたため、

アマチュアにもかかわらずフェルマーの数学界での悪評はすさまじく、

それに比例するようにその圧倒的な実力も認められていたのだ。

そんなフェルマーが証明した定理なのだから、

 

「証明が書かれていないこの定理も、

きっと本当に存在するに違いない!」

 

たったそれだけの理由で、

350年間、何人もの数学者がその未解決の難問に挑み、

砕け散ってきたのだ。

きっととんでもない実績があったからなのだろうが、

350年・・・全くすごい。

 

やはり圧倒的な実績があるからこそ、

その人の一挙手一投足に重みが生じるのだろう。

 

「やりたい仕事をやらせてもらえない」

「俺のやりたいことはこんなものじゃない!」

「今は本気出してないだけ(何かの本のタイトル?)」

 

と、働き方や仕事に対する取り組み方で悩む人は多くいるだろうが、

まずは自分に与えられた仕事、職場、領域で、

圧倒的な実力、実績を積むことが、

自分のやりたい仕事にたどりつける最短距離なのではないか?

 

実際、ボクにも圧倒的な実績がなかったがために、

思うような仕事をすることが出来なかった時期がある。

自分のやりたい仕事、働き方、お客さんに対する接し方。

色々理想はあったが、そこで気づかされたのが、

 

「圧倒的な実績、実力がなければその資格もないし舞台も用意されない」

 

ということ。

フェルマー

フェルマー02

 

 

今も理想と現実のギャップで悩むこともあるけれど・・・。

ただ、自分の理想を実現するために、

圧倒的な実力と実績を積むために日々努力努力努力・・・。

 

350年前、ボクが一番毛嫌いしていた数学の世界で生きた、

フェルマーさんからそんな気付きを得ることが出来た、

秋の夜長の読書は良いものだ。

 

Yahoo!にも書評が載りましたよ!

“ブラック企業”での勤務で得られるものとは何か?

 

ここで辞めたらただの負け犬!~ブラック企業で修業した男の日常~

*Yahoo!ニュースにも載りました

好評発売中です。

カバー.indd

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフォメーション

  • 楯岡 悟朗 著書紹介
  • 関連リンク